iPhoneの充電は小まめに

iPhoneを長持ちさせるために

iPhoneの充電は一気にするより小まめにする方が良い

iPhoneの充電は小まめに iPhoneの充電ですが、一気にするよりも小まめにするほうがバッテリーの寿命を長くすることができます。
これはもちろんiPhoneの特性というよりは、搭載されているバッテリーの特性です。
とくにiPhoneの場合はバッテリーが劣化してもおいそれとはなかなか交換できませんから、このことを知っているのは大きいです。
具体的な使い方、方法としては、とにかく残量0%近くまで使うことをできるだけ避けること、残量100%近くまで充電することをできるだけ避けること、この2点です。
ましてや、0%になっているのにそのまま放置すること、あるいは100%になっているのにさらに充電を続けることは避けなければなりません。
できれば、バッテリー残量がいつも20%から80%の間になるように使うのがよいでしょう。
そして、その間であっても、できるだけ小まめにするほうがより好ましいのです。
小まめな充電はかえって劣化させると思っている人がいますが、そんなことはありません。

iPhoneの充電は放電深度が高いと劣化しやすい

iPhoneの充電は放電深度が高いと劣化しやすい iPhoneのバッテリーは簡単には交換できませんので、できるだけ劣化させないように使いたいものです。
一応はメーカーも考えていて、iPhone本体の寿命というか、最近の進化スピードの速いモバイル機器ということを念頭に置いたうえで、ある程度必要とされる寿命はもちろん十分に満たせるように設計されてはいるのですが、それでも使い方によってはまだまだそのiPhone本体を使い続けたいと思っているのにバッテリーが劣化してしまったということも起こり得るからです。
このバッテリーの劣化をできるだけ防ぐコツとしては、放電深度を高くしすぎないことです。
意味がよく分からないかもしれませんが、簡単に言えば、バッテリー残量0%とかその近くまで使うことをできるだけ避けることです。
できれば、20%かそのくらいになったら充電するように心がけるとよいでしょう。
ちなみにこれは満充電近くの領域でも似たことが言えます。
100%まで充電するよりも、80%くらいまでにとどめるほうがよいのです。