iPhoneバッテリー交換の現状

iPhoneを長持ちさせるために

iPhoneバッテリー交換の現状

iPhoneバッテリー交換の現状 iPhoneの電池にはリチウム電池が使われています。
そのリチウム電池には寿命があり、充電してもうまく溜まらない。
溜まったとしてもすぐに落ちてしまったりというケースが数多くあります。
また、新品の時と比べると電池の減りが異常に早いということも多々あります。
このような場合を解消するためには、バッテリー交換を行う必要があります。
このバッテリー交換の作業ですが、iPhoneの場合だと、現状では正規の店舗にて修理を行っていることが多いです。
しかしながら、店舗数が限られていたり、金額設定に不満があったり、待ち時間が長かったりと、現状では数多くの課題があるとも言えます。
こうした状況の中。
iPhpneのバッテリー交換を行う非正規店も数多く増えてきています。
非正規の店舗に関しては、比較的安い料金設定であったり、店舗数が多いなど数々のメリットも多いように思えます。
しかし、デメリットも少なくなく、一番困るのが一度非正規の店舗に持って行ってしまうと、二度と正規の店舗ではお持ちのiPhoneを取り扱ってもらえなくなってしまうという点です。
この場合、何か保険をかけていた場合や、修理不可能で本体交換しか方法がない場合などでは大きく損をする恐れもあります。
このような点から、よほど次回以降壊さない自信があったり、どうしても急ぎたい場合を除いては、現状正規店にバッテリー交換をお願いする方が得策といえるでしょう。

iPhoneの劣化を最小限にするバッテリー交換

iPhoneの劣化を最小限にするバッテリー交換 アップルの人気スマートフォンのiPhoneには、リチウムイオン電池が使用されています。
リチウムイオン電池には寿命があり、長く使用していくとバッテリーを充電してもすぐに消耗するといった劣化が発生します。
その場合には、最終的にiPhoneのバッテリー交換が必要となるケースが多くなります。
バッテリーの寿命を長くし劣化を最小限に抑える方法をご紹介致します。
リチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返していく事によって劣化が進行していきます。
iPhoneに使われているバッテリーは、500万回フル充電と放電のサイクルを繰り返した場合に80パーセントの容量をキープするように設計されています。
その為、充電と放電の回数が増えるほど劣化が早まります。
バッテリーの劣化で最も影響を受けるのが放電深度です。
フル充電してから0パーセントになるまで使うとこの放電深度が高くバッテリーの劣化が早まります。
iPhoneのバッテリー劣化を最小限にするには、バッテリーを0パーセントまで完全に使い切る前にこまめに充電をする事がポイントとなります。
バッテリー交換には、費用が発生する為、日常から充電に気を付けておく事か重要となります。

おすすめfacebookページ

安江翔太とfacebookを通じて交流してみませんか!?

安江翔太のfacebookを覗いてみよう。